2008年03月28日

第39回目『中国魚釣り珍道中』[下]

中国セミナーは120人余りを迎え開催した。全員熱心だが海釣り経験者は少なく、女性の通訳を通すので身振り手振りで技術を語る。終了後は深夜まで宴会は続き飲めない酒に悩まされた。中国料理の海産物はほぼ日本と同じだが、市場価値の少ない20センチほどの小魚が主だった。
そこで「大型魚」は居ないのかと質問したが、たとえ水揚げされても魚価の高い上海など大都会へ売られていくようだ。しかし産卵できない稚魚を乱獲すれば繁殖せず居なくなってしまうだろう。

翌朝南東部の島で釣りをする予定だったが、風も強く見学者も20数人居るので港近くの岩場を選ぶ。竿を出しても生態反応は全く感じられない。魚が極端に少ないからだろうか。
2時間ほどしてようやくウキが沈んだ。手首を返すとヒラヒラ小魚が飛び上がってきた。背後で見ていた見学者が拍手をするのには閉口する。それっきりアタリはなくなった。
そこへ漁船が目の前に現れ網入れし水面を棒で叩く、時間の関係で潮時だと諦め竿をしまった。他にも関係者3人が釣りをしたが小魚1匹に終わった。帰途の車中で釣れない原因を考えてみた。ここの漁民は底引き網で小魚を取り尽くすらしい。そのせいで海岸線や港で釣り人を一切見掛けないのかも知れない。
駆け足での訪問だが海釣り事情の一端を垣間見て楽しく有意義だった。機会があれば長時間チャレンジしたい。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 10:01 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。