2008年02月29日

第35回目『下手の長竿』

釣りには下手の長竿といわれることわざがある。足元で魚をハリに掛けては何度も岩穴へ逃げ込まれるので、竿が「短すぎる」と考えた。それならばと沖を狙ったが沈み根へハリスが絡まり切られてしまう。竿がもっと「長ければ」かわせたはずだと地団駄を踏んだ。 そこで次回より長竿を使うことにしたが、重量が増し自在に扱い切れず、結果は魚をハリへ掛けることが出来なかった。取り込みには有利かもしれないが、魚が釣れなければ無用の長物になるという意味なのだ。

これらは竹竿時代の物語だが、現在の竿はカーボン素材で全長5メートル超でも200グラムを切るものも珍しくなくなった。そのため取り扱いが容易になり全長は1メートルほど長くなった。その上、振り出し式で持ち運びは格段に楽になった。
竹竿と比べれば格段の進歩で、価格も安価になり釣りを大衆化させた功績も大きい。しかし、超高級品は軽四輪車が買えるほどの高額製品も出回っている。趣味の世界にも、貧富の差が拡大しているのだろうか。

昔の企画から比べれば、現在の竿はほとんど長竿ということになり、下手の長竿ということわざは消滅した。それだけ長竿が有利なことは間違いないのだろう。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 09:17 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。