2007年12月21日

第27回目『おめでたい魚』

  魚の王様を投票で選ぶとすれば真鯛が間違いなく上位へ選出されるだろう。それほど日本人は鯛好きだ。まず、全体的に堂々とした容姿と赤い色がおめでたい。とりわけとがった背ビレと長い尻尾が立派だ。食味も淡泊で万人に好まれ嫌みがない。
 昔より「人は武士、柱は檜の木、魚は鯛」などという。しかし語源は以外に単純で、平たい魚、タイラウオがなまって鯛になったと言われている。鯛科の特徴は背ビレと歯にある。背ビレのトゲが11〜13本あって、貝などを噛み砕く強力な臼歯がなければ鯛科に入れてもらえない。

 鯛科には日本近海だけでも10種類以上の仲間がいるが、それ以外にも姿や形が似ているものは300種以上いる。その中で最高の称号を称えられた鯛とは真鯛のことだ。
 全長1メートル以上に育ち40年は生きると言われている。鯛が赤いのはエサとなるエビ、カニに含まれるアスタキサンチンという色素によるそうだ。養殖鯛はエサにイワシを与え、浅海の生け簀で飼うから黒っぽい色になる。

 海外では意外と不評で高級魚の仲間に入れてもらえない。頭が大きく骨太く3枚下ろしなど、調理がやりにくく身も少ないからだろう。
 正月や婚礼料理では尾頭付きの焼き鯛が出されることがある。ほとんどは冷凍物で水分も少なく身も固く、箸も折れることがある。こんな場合は皿にのせ日本酒を振り、電子レンジでチンすれば柔らかくなり美味しく食べられるだろう。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 11:43 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。