2007年10月26日

第20回目『サンマ サバ イワシ』

 サンマ、サバ、イワシなどは大衆魚と言われている。今年はサンマの当たり年で脂ののった大型サンマが安く買える。ところが数年来サバは高値が続き漁獲量も少ない。江戸時代からの漁業文献によると、増減周期は8年でこれを繰り返しているそうだ。数年後にはサンマが高嶺の花になりサバが安くなるだろう。両者は稚魚の時に同じプランクトンを食べ育つので片方が増えると一方は減少するそうだ。
 イワシは20年周期で増減しているという。最盛期には畑の肥料にするほど捕れていたイワシが、今や100分の1に減少した。価格は高騰しグラム値ではマダイよりも高価だ。原因には諸説あるが、海の汚れや稚魚の「チリメン」を捕りすぎるのも一因かもしれない。
 過去に3者が同じ時期に増えた記録はない。増加した個体が他者の稚魚を餌にしているからだろうか。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 09:16 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。