2013年01月24日

チーム鬼掛関東発足会 遠征記

130120-7.JPG
鬼掛関東発足記念大会が伊豆須崎の磯で1月20日に行われた。本部から高岡副会長、近畿の隅、山田両役員と4人でお祝いに駆けつけた。ハヤブサ本社より中井さんを始め東京支店の4人も参加することになったが、営業所の面々は磯釣り初体験と言うではないか、悪天候にならないことを願うばかりだ。

 徳島を早朝6時に出発し明石大橋を渡り、赤松パーキングで小腹が空いたので名物のコロッケをおやつにパクつく。もちろん朝食は食べてきているが、待ち合わせまで時間があるので休憩も兼ねている。本社に9時頃に到着し山田さんの到着を待つ、定刻の10時に隅、山田さんが到着し滋賀の高岡さんを拾い伊豆まで出発だ。
 滋賀県へ入ると一面真っ白な雪景色で、徳島育ちの私には交通事故が心配だ。車中は釣の話しが花盛りで退屈はしないが、10時間近くも車に中にいるのは大変だ。もっとも運転するのは体重100kg近い山田さんなので、お願いしますと頭を下げる。
 いざ、沼津に向かって東へひた走るが、走っても走っても高速は続く。狭い四国ならとっくに高速は途切れている。今回の遠征は名古屋のういろう、富士の宮焼きそば、浜松のウナギ、メロンパン、富士山、伊豆の踊子と釣以外に食って見ることも楽しみにしている。新東名が開通したためか、日曜だというのに高速はガラガラで名古屋のういろうはパスすることにした。残念。
130120-4.jpg
 快晴なので富士山が見えるはずだと、車外を探すと遠くにうっすらと見えてきた。白く雪を被っているので近づくのが楽しみだ。ウナギと焼きそばも楽しみだ。富士宮で一服をし焼きそばを物色するが、ガラガラなので 焼きそばの焼きたてがない。ウナギも時間が経ってひからびているようだ。期待が大きかっただけにがっかりするが、富士山の雄大さには惚れ惚れする。すそ野まではっきり見えることは珍しい明日の大会も快晴だろう。ちなみに、山田さんの名前は富士と聞いたので富士山をバックに記念撮影。ハチリ。

 沼島に到着後オキアミを調達し伊豆を目指す、山は雪が残っていたので夜中に走ってくる大会参加者が安全運転で来てくれるよう心配する。峠を越え踊り子の歓迎を受け午後6時宿に須崎へ到着。家を出てから12時間、長かった。役員諸氏の歓迎を受け楽しみの夕食だがグレ、イサキ、キンメの刺身、ガシラの焼き物と魚づくしだ。一切れずつ美味しくいただいたが、肉が好物の私には物足らない。折角用意していただいた役員の皆様すみません。

 釣の話しをしていると時間が経つのは早い。明日は4時起きなので床に入るがなかなか寝付かれない。羊がT匹と数えていたら、羊がグレに替わり群れから大群になる。困ったものだ。目覚ましで飛び起き港へ急ぐ。役員、会員さんに挨拶後、参加者は役員も含め50人ほどで2隻の渡船に乗り出発をする。
 夜明けと供に磯を見回すと四国の足摺岬とよく似ている印象を受けた。選手4人と隅さん私と6人で同じ磯へ降りた。選手優先で私は右端の釣り座を選んだが、前日のマキエの後がある。知らない釣り場では前日のマキエの後を探せばまず間違いない。仕掛は初めての釣り場なのでハリス1.2号、オモリBのスルスル釣で始める。しばらくマキエをするがサシエが残るので、高場へ上がり朝食を食べ周囲を見回す。潮の色、潮取り、釣り場の雰囲気は申し分ない。必ずグレも食ってくるだろう。
130120-1.jpg130120-2.jpg
しばらくして先端の選手が竿を曲げた。慣れた手つきで30cmを越えるグレを取り込む、4人共なかなかの腕前で関西圏の釣り人と遜色ない見応えのある釣りが見学できる。
 グレが食ってくるのが確認できたので、私も竿を出す。マキエを効かしサシエを合わすと僅かにウキを押さえ込む。食いは渋いようだ。軽く合わせると快い引きが竿に伝わりグレが水面へ浮かぶ、思わず遠くまで来たかいあったと微笑む。次のアタリは強烈で沖へ向かい猛烈に走る。やっと止めるとコンコンと首を振るマダイかチヌかと迷うが、上がってきたのはサンノジ47cmでよく引くはずだ。
それからグレ30〜40cmを5枚、合計6匹を取り込んだが丸々と肥えよく引くグレで楽しく遊ばしてもらった。途中で仲間に携帯をしたが、ボチボチ食っているようだ。快晴でポカポカと波も少ない。この分なら選手にも楽しんでもらえるだろう。役員としては嬉しい限りだ。
130120-3.jpg
 納竿の2時に港へ着き選手の計量風景を見た。グレ3匹の重量で上位は2〜3kg代の選手が10人もいる。ほとんどの人が笑顔なのは大漁の証拠で、和気あいあいと成績発表は終了する。ハヤブサ社より商品の贈与があり笑顔が弾む。関東の役員さんご苦労さんです。役員さんは大会運営、参加者の募集、船頭さんとの交渉、天候、安全の心配と気苦労が絶えません。当然、自分の釣は犠牲になり終わるまで気も抜けません。益々チーム鬼掛関東発展のため力をお貸しいただけますようお願いいたします。ありがとうございました。
130120-5.JPG
 追伸、帰りは峠の雪も消え踊り子も微笑んでいるようだ。快調に走り高速に乗る前にウナギの夕食を取り一路ひた走る、静岡でメロンパンを買い夜食にパクつく。深夜に滋賀県着、高岡さんを送りビジネスホテルで一泊。早朝中井さんとハヤブサ社を表敬訪問し歯朶社長に結果報告の後に帰着。片道12時間の遠征だったが食って観て語って楽しかった。機会があったら伊豆のグレをもっともっと釣ってみたい。
130120-6.JPG



posted by kozato at 11:30 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。