2008年05月30日

第47回目『魚の夫婦』

台風通過後に磯釣りに出掛けたが、荒れは収まらず沖磯へでられない。仕方なく船着き場で竿を出したが、しばらして仲間が「タマ、タマ」と声を枯らす。まさか釣れるとは思わず、タマの準備もまだだが急いで助っ人に走る。

濁った海面で大型魚は泳いでいるが、水面下へ潜るとまったく見えなくなる。ままよと目の前へ浮いた瞬間くい防波堤へ跳ね上げた。タマの中でバタバタとメジロが暴れている。
ところが仲間は竿を曲げ格闘の最中だる。何故・・・キツネにつままれた気分だが再度メジロをすくい手渡した。先にすく魚は当然私の獲物になったが、後の魚より一回りも大きく仲間は釈然としない様子だった。台風で避難してきた小魚を追って港へ入ってきたのだろう。

ハリに掛かり暴れる魚へ別の魚が寄り添うように泳いでくると、釣り人の間では「魚の夫婦」だろうと語られていた。よくよく観察していたら途中で苦しくなったのか、口からガバーと食ったエサを吐き出した。並走してきた魚は方向転換し吐き出されたエサを食べに走った。
そのとき釣り上げた魚は雄だったので、人間社会なら妻は夫の窮地を見捨てお金に走ったということになるが、魚には一夫一婦制度はない。多数が寄り集まり何十万単位で産卵し、海面を漂いながら稚魚に育ち湾内や磯場へ居着き成長する。そのため親子の絆や夫婦の愛情は希薄なのだろう。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 10:26 | 日記

2008年05月23日

第46回目『鮎喰川の鮎』

鮎は稚魚の期間を海で暮らし、晩春の頃より河川へ登り成長する。晩秋に産卵し短い一生を終える一年魚だ。急流を必死に遡上する姿はけなげで、古来より登る時期や多少により豊凶作占いの指標にした。そのため魚偏に占いと書くのだろう。

全国に鮎の姿や匂い自慢の河川は数々あるが、鮎を喰う川(鮎喰川)の発想は他に類がない。下流域は水も途切れ川原の石だけが目立ち、鮎の登る川には見えない。が、現在も同河川の鮎は県下一美味と評判も高い。

普段は水の途切れた川だが、春、木の芽起こしの大雨に乗じ、天井川(川底が周辺より高い)を遡上して上流へ達し、良質の珪藻類を食って美味しく育つのだろう。この川は他にも摩訶不思議なことがある。夏から秋の台風シーズンに突然巨鮎が出現し釣り人を驚かすのだ。(普段は中型鮎以上に育たない)

これらは吉野川の大鮎が洪水で下流域へ下り、早期に濁りの澄む鮎喰川を一夜で10km近くも、遡り上流域へ達するからだ。中下流域にエサの珪藻は少ないため、道草もせず一気に登り切るのだろう。それにしても上流に良質の珪藻が、存在することを知っている鮎の嗅覚は素晴らしい。6月1日は鮎喰川の鮎解禁なので、自分の運勢でも占ってみるか。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。

posted by kozato at 14:41 | 日記

2008年05月16日

第45回目『ウォンテッド』

晩春から初夏に水クラゲの大群が沿岸へ押し寄せ、原発や火力発電所の海水取り入れ口に群がる。金網で防御しても目詰まりを起こし、操業をしばしば妨害する。釣り場でも見渡すかぎりクラゲがプカプカ浮かび、ウキを入れる空間もない。魚はクラゲの毒針を恐れるのか周囲に寄りつかない。困ったものだ。

ところが最近、越前クラゲが空前の大発生をした。黄海や東シナ海で大量に発生し、巨大化しながら日本海へ達するという。このクラゲは傘の直径1m、重量100kgにも達する世界最大級の巨大種だ。中華料理の食材にもなるが、歯ごたえも悪く利用価値は低い。

漁網に入れば余りの重さで、網は破られ目詰まりを起こす。さらに網中の魚を毒針で刺し商品価値を低下させる。そこで網にワイヤーを装着しクラゲを「トコロテン」状に切り刻み網外へ排出している。

昨年は瀬戸内海、太平洋、北海道西岸にまで出現した。その結果、全国の沿岸へ卵がまき散らされた恐れもある。温暖化で卵が定着すれば大発生は避けられないそうだ。

漁業被害はこれだけにとどまらない。魚の稚魚とクラゲが食べるプランクトンが競合した場合、その魚種は激減するだろうと警告している。これらを憂慮した水産庁はポスターに稚クラゲの写真を載せ、見掛けたら連絡するよう協力を依頼し、越前クラゲを指名手配し警鐘を鳴らした。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。

posted by kozato at 10:27 | 日記

2008年05月09日

第44回目『漫才魚』

お笑い吉本新喜劇の運営する「おもしろ水族館」が横浜中華街に出来た。ここに「漫才魚」を生かしたまま持ち込めば、賞金百万円を進呈するというものだ。しかし、1人の該当者も出なかったため、改めて期限を設定し賞金も二百万円に値上げしたが、結局は3月末に期限切れで終了する可能性が高い。(2006年3月31日で終了してます)

この魚はスズキ目シマガツオ科に属し全長45センチ前後で、全身硬い鱗に覆われ食用には適さない。深海魚のため滅多に釣れない「幻の魚」だ。生息地は相模湾や日本海の新潟沖などに限られ、体型は扁平で一見マナガツオに似ているが、深海魚のため生態はなぞに満ち詳しいことは分かっていない。

船釣りで時たま釣れることがあるそうだが、食べて不味いのですぐに捨てられてしまう。また、水圧の変化に対応できず、生かしたまま持ち帰るのは至難の業でほとんど不可能だろう。私も北陸へ釣行したときにもしやと狙ってみたが、宝くじなみ確率なので不発に終わった。

吉本興業は幻の魚なので、それを知っていて水族館の宣伝に使ったのかも知れない。さすがは抜け目のない「大阪商人」と思ったが、真意は水族館で子供達を対象におもしろい魚や珍しい魚を飼育し、興味を呼び起こすためだったのだろう。大人だけでなく子供達もダーゲットにした商売は恐るべきだ。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。

posted by kozato at 14:14 | 日記

2008年05月02日

第43回目『釣り上達の秘訣』

先日、この欄を読んでいると挨拶をいただき、釣りの話をしていくうちに優しい心へ共感できたのですが、仕事中だったので詳しく説明できませんでした。紙面を借り上達に必要な事柄を解説してみます。

魚釣りは心を無にして魚と相対します。それが没頭できる最大の理由ですが、雑念が多すぎると魚の気持ちを理解できません。釣りは体力や時間に合わせて、フィールドを設定したり楽しむことができます。そこで魚と対話し行動を推理するゲームなのです。

マキエは狙うポイントへ届くように撒いた後、仕掛けを送り込みます。食ってこなければ、それなりの理由があるはずです。「仕掛けの流し方に違和感がある」、「ポイントへ仕掛けが届いていない」、「エサ取りでサシエが残らない」などですが、アタリがなければ一つずつ修正していきます。
それで駄目なら地合いが悪く食欲もないのかも知れません。潮替わりで食い気が出るまで待つか、釣り座変更の決断を迫られます。こうして考えていくと狙うポイントが間違っていれば処置なしです。

これらを様々なポイントで試し反復練習をすれば上達します。頭だけで推理を押し進めていけば、迷路へ迷い込み混乱し出口が見つからなくなります。そんなときには景色を楽しむなど、方向転換すれば気も晴れるでしょう。大漁祈願。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。

posted by kozato at 13:08 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。