2007年11月30日

第24回目『イノシシとの遭遇』

 淡路島でのチヌ釣り大会に友人と参加することになり、夜半に車で会場へ急いだ。港近くでヘッドライトの中へ何かが飛び出した。急ブレーキを掛けたが間に合わず追突する。ゴロゴロとイノシシが転げて、山側の路肩へ激突し側溝に落ち動かない。
 てっきり死んだと思いイノシシへ駆け寄るが、ムックリと起き上がり体を揺すり毛を逆立てた。手負いのイノシシに怯え二歩三歩と後退し、脱兎の勢いで車へ逃げ込み様子を見守る。怒って体当たりされたら大怪我をするのは明白だ。
 100キロ近くの大イノシシは車にいちべつし、悠々と斜面を駈け上がり林の中へ姿を消した。友人と顔を見合わせ車外にでて、損傷具合を調べた。バンパー及び方向指示器が割れただけで安心する。時間が迫っているのでそのまま会場へ向かう。

 会場ではイノシシの話で持ちきりになるが、肉を換金すれば修理費を確実に上回るだろう。逃げたのは残念だったが、今日大漁になると慰められる。
 餌がなくなり里へ下りてきたのだろうが、野生の大イノシシはさすがに迫力があった。それでも民家の近くへ出没するのは危険きわまりない。

 この日の釣果は友人がチヌ45センチ級5匹で3位入賞、私はチヌ56センチで大物賞をいただいた。二人にとっては大当たりの1日だった。

※本コラムは小里哲也氏が氏の徳島新聞かわら版に2003年5月〜2007年2月に寄稿したものを順不同にて掲載させていただいたものです。


posted by kozato at 10:40 | 日記


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。